研修にかかる費用

研修を依頼した場合にかかる費用

新人や若者が業務をしっかりと行うことができるように教育する研修は非常に重要な存在です。研修は、自社ですべて済ませることができるものもありますが、研修を専門的に行っている業者や個人事業主に依頼するほうが効果的な研修を行うことができるということもあります。研修にかかる費用は、だれに依頼して、どのような研修を行うかによってそれぞれ異なるので、自社の事業や必要となる研修についてしっかりと考えて選ぶことが重要です。一般的に個人事業主を講師として招いて研修を行った場合、費用の幅は非常に広く、6万円ほどから12万円ほどで済むこともあります。しかし、著名人に講師を依頼すれば100万円を超えることも珍しくありません。その点、コンサルティング会社に依頼すれば、10万円から30万円ほどです。

コンサルティング会社に依頼した場合の内訳

コンサルティング会社に研修を依頼した場合、その費用はおよそ10万円から30万円ほどです。その内訳は、講師の依頼費用ばかりではありません。しかし、やはり最も費用が掛かるのは人件費です。講師の費用と、研修を準備するための人件費が主な内容となります。一般的な研修であれば安くなりますが、専門性が増せば増すほど費用が高くなっていく傾向です。もうひとつの費用の内訳としては、会場費と設備費用となります。研修をする際には、人数や研修内容によっては自社の会議室などでは済まないこともあります。その場合は会場を準備して、研修ができるようにDVDやプロジェクターなどといった資料を準備しなければなりません。また、講師をまねいての研修ではなく、e-ラーニングを行う場合にも導入費用が掛かります。

接客の研修は客に対するマナーを学ばせる研修が多く、おもてなしや心遣い、表現法の学習が中心です。これらの研修を受けさせるのは、顧客が企業への信頼度を高められる様にする事を目的としています。